マイノリティ通信

とある社会人があれこれ書くブログ

【つぶやき】昨日の錦織の敗因って、、、

どうも、中学の時からテニスをしているジローです。

先週から全仏オープンが始まって、今週から2週目に入りましたね~。

ほぼ順当にシード選手が勝ち上がって、昨日から準々決勝が始まりました!

 

錦織の相手は第1シード世界ランク1位のアンディ・マレー

この2人の対戦はいつも激戦で、マレーが錦織とは対戦したくないと愚痴をこぼすほど。

今回も良い試合になるだろうと予想されました。

 

しかしながら結果は、セットカウント1-3でマレーの勝利、、

全仏初のベスト4とはなりませんでした、、

 

昨日の敗因?

第2セットの序盤、マレーのポイント間に対するバイオレーションがありました。

 

テニスはポイント間に時間制限があり、サーブを打つ動作に入るまでの時間が長くなると、警告されてしまいます。それが続くとポイントを失うこともあります。

 

本来ファーストサーブを打つタイミングでバイオレーションになり、セカンドサーブになりました。

 

これにマレーが激昂、そのポイントを取られ、完全にマレーが目を覚ましました。

ポイントごとに雄たけびをあげ、ボールボーイにレッツゴー!とボールを早く投げるよう要求。

マレーの独壇場となりました。

 

風の影響?

バイオレーションが取られた理由として、トスのやり直しが原因だと思われます。

サーブを打つ時には特にトスの位置が重要なので、微妙な場合でもやり直すことはよくあります。

今回に限っては、ちょっと大目にみてくれよ~と思いました。あれで流れが完全に変わってしまったので、、

 

今回の試合のターニングポイントは審判のバイオレーションでしたね。

 

今後に向けて!

錦織はメンタルがダメだ!とかよく言われますが、正直、僕たちが想像もできない次元でのプレーをしているので、批判なんかはできません!

 

ただ応援するだけです!ぜひとも今年のウィンブルドンでベスト8以上に入ってもらいたいと思います!

ではまた!

 

広告を非表示にする